未分類

性欲が減るのは年齢のせいだけではない

投稿日:

性欲減退の原因

人間にとって欠かせない欲のひとつに『性欲』があります。

男性は睡眠欲や食欲より性欲を重視する傾向があり、女性とのセックスが「三度の飯より好き」という人も少なくないと思います。

しかし、若い頃に比べて性欲がなくなってきたと感じるときはありませんか?

実は性欲が衰えて私生活に支障をきたす男性は割と多いそうです。

まずは性欲がなくなる原因を解明していきましょう。

 

後藤くん
大久保さん、仕事終わりに一発ヌキに行きましょうよ!
大久保さん
いや…今回は遠慮しておくよ
後藤くん
えー、前回も同じこと言ってませんでした?
大久保さん
そ、そうだっけ…?
後藤くん
今日は僕の奢りでいいですから!
大久保さん
そうじゃなくて…実は最近、女性とセックスしたいって思えないんだよね
後藤くん
あ…ちょっと用事思い出したんで先帰りますね
大久保さん
あれ…ちょっと誤解してない!?そういう意味じゃないからぁ~

 

性欲がなくなるというのは男性にとって非常に辛いものです。

男としての自信を失ったり、パートナーとの不仲も招きかねません。

性欲減退のイメージとしては、年齢を重ねるごとに肉体や精神が衰えて女性への興味も薄れるといった感じでしょうか?

もちろんそれもありますが、最近は若い世代でも性欲が減少することもあるのです。

性欲減退の原因は加齢だけではなく、実は日々の生活の中に潜んでいます。

 

薬の服用

日々の生活の中では怪我や病気になってしまうこともあると思います。

一時的な服用ならば問題ありませんが、慢性的なもので長い期間服用している場合は注意して下さい。

薬の中には『テストステロン』という男性ホルモンを抑制する効果を持つものもあるからです。

テストステロンの分泌が抑えられてしまうと、性欲や精力などの男性に必要不可欠な要素がどんどん減少されてしまいます。

どうしてもその薬を使わなければいけない場合は、医師に相談して改善策を考えてもらいましょう。

ちなみに、飲み薬だけではなく塗り薬などにもその効果は現れます。

 

心理的要因

将来の不安や周りの人間関係、精神的なストレスによる鬱病などは性欲をなくす大きな原因のひとつです。

若い人の性欲減退はこれに値する場合が多く、最近では非常に増えています。

心理的要因による性欲減退の解決は困難であり、特に鬱病などは自分でどうにかできるものではありません。

性欲よりもまずは精神的な健康を取り戻すことが最優先です。

 

不規則な生活

睡眠不足や偏った食事などは身体の健康のみならず、性欲にも影響を及ぼします。

充分な睡眠を取らなかったり昼夜逆転の生活、お酒やタバコ、高カロリーな食べ物など。

これらの行為は体内のホルモンバランスを崩してしまい、性欲減退の大きな理由のひとつとなります。

仕事でやむを得ないという人もいると思いますが、改善できる範囲で変えていきましょう。

 

性的コンプレックス

女性とのセックスに対して何かしらのコンプレックスを持っていると、精神的な不安から性欲が減退する事もあり得ます。

ペニスの悩みで多いのは、サイズや包茎、早漏など様々あります。

そうでなくとも、過去に女性から酷い仕打ちを受けトラウマになってしまっていることもあるでしょう。

ペニスのコンプレックスでしたら精力剤や手術などで改善できますが、トラウマなどの理由だと酷い場合は女性恐怖症になってしまっている可能性もありますので心療内科や精神科に相談に行ってみたほうが良いです。

 

大久保さん
こんなにたくさんあるんですね
博士
性欲減退の原因はまだ解明されてないこともたくさんあるんじゃよ
大久保さん
奥が深いんですね…
博士
逆に性欲を増やす方法だってたくさんあるんじゃよ
大久保さん
博士…私を男にして下さい!
後藤くん
(あわわ…博士が掘られちゃう…)コソコソ

 

性欲増強の方法

高齢の人ならまだしも、まだ働き盛りの30~50代の男性にとって性欲減退は悲しいことです。

最近では、更に若い20代の男性でも性欲が衰える人だっています。

しかし、人間の本能である性欲は減ることはあっても完全消滅することはないはずです。

では、衰えてしまった性欲を増やすことは可能なのか?

 

大久保さん
どうすれば性欲を増やせるんですか?
博士
方法は色々あるんじゃよ
大久保さん
ということは…僕にも出来るものがあるんですね?
博士
自分が取り入れやすい方法を選んで実践してみることが大事じゃ

 

性欲を増やすと言っても具体的にどうすればいいのかよくわからないでしょう。

やみくもにセックスや自慰行為をしてもどうにもなりません。

男性の性欲は体内にある『テストステロン』という男性ホルモンが鍵を握るので、この分泌量が少ないと性欲が減退し多いと増強される仕組みになっています。

このことから、性欲を増やすにはテストステロンの分泌量を増やすことが最も効果的であると言えます。

 

精力剤を飲む

精力剤にはペニスを大きくするものや勃起力を向上させるものなど様々な種類がありますが、もちろん性欲増強にも効果的であることは言うまでもありません。

中でもテストステロンの分泌量を増やす『アルギニン』や『亜鉛』、『ビタミンD』といった成分を多く含んでいる商品がおすすめです。

精力剤は錠剤タイプで飲みやすく外出時でも手軽に服用することができるため、忙しい人や飽き性の人でも継続し続けられることが強みです。

コンビニやドラッグストアで販売されている強壮剤よりは高値になってしまいますが、性欲を増やすには精力剤を飲むことが一番の近道になります。

 

ストレスの発散

現代人にとってストレスというものは非常に厄介です。

ストレスを溜めることにより様々な病気を発症してしまいますし、テストステロンを減少させる大きな理由のひとつでもあります。

人によりストレスの解消方法は違いますが、やはり一番良いのは運動することでしょう。

しかし、運動が苦手でやる気も起きないという人は自分の趣味に没頭するのもありです。

一番重要なのは、自分がリラックスできる時間を作ることです。

 

規則正しい生活

先ほどの性欲減退の原因で不規則な生活と言いましたが、これを見直すことで性欲増強に繋がります。

食事や睡眠、適度な運動を心掛けて心身ともに健康を保つことでテストステロンの減少を抑えることができます。

特に気を付けてほしいのが、タバコやお酒、高カロリーな食べ物です。

これらを好む人はたくさんいますし、完全に断ってしまうと返ってストレスを抱えてしまうこともあります。

なので、極力抑えられるように自分で工夫して生活してみて下さい。

規則正しい生活は性欲だけでなく精力増強にも効果的であり、何より身体の健康維持にとって非常に大事なことです。

 

引きこもらない

ここ数年でインターネットが劇的に進化したこともあり、外出しないという人が増えています。

家で仕事をして、ネットショッピングで食料品や日用品ですら買える時代。

確かに便利な世の中になっているとは思いますが、こうなってしまうと人と接する機会がどんどん失われていきます。

メールやチャットなどで交流を深めることは可能ですが、実際に会って話すことが大事だということを知っておいて下さい。

その証拠に、男性は自分が魅力的だと思う女性と会話をしたり触れたりすることによりテストステロンが上昇したとアメリカの研究機関がレポートを出しています。

それと、過度な自慰行為はテストステロンの減少に繋がりますのでパートナーがいない人は積極的に女性と交流を持ちましょう。

 

大久保さん
なるほど!
博士
まだまだあるんじゃが、日々の生活で取り入れやすいのはこんな所じゃ
大久保さん
休日は家に引きこもっているのでそれが原因だったかもしれません…
博士
それは良くないの…今週末に六本木でパーティーがあるんじゃが大久保さんも来るかい?
大久保さん
パ…パーティー!?
博士
綺麗な女性もたくさん来るぞい!
後藤くん
大久保さんの性欲増強のために僕も一肌脱ぎましょう!
博士
…君、いつから居たのかね?

 

まとめ

性欲が減退してしまうと男性にとって良いことは何ひとつありません。

既婚者が奥さんに対して性的興奮をしなくなるというのはよくある話しですが、様々な原因が考えられます。

子供がいることによりなかなか夫婦の時間が取れなかったり、歳を重ねるごとに奥さんから女性としての魅力を感じなくなったりなど。

これらも性欲減退の原因と言えますが、やはり一番は男性ホルモンの減少が原因です。

テストステロンという男性ホルモンを増やすことにより性欲が増え、若かりし頃の元気が戻ってきます。

年齢や周りの環境のせいにする前に、まずは自分を変えてみましょう。

-未分類

Copyright© Men'sサプリ研究所 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.